ヴァイオリン講師

  丹沢広樹
  須藤みさ央


 丹沢広樹

 現在アンサンブル「ソナール・カンタンド」、
 「コントラポント」メンバー。

 2000年より国内外で演奏、研鑚を積む。08年「Cembalism」の録音に参加、翌年NHK‐FMに収録曲で生出演。同年「ソナール・カンタンド」での公演が月刊「音楽の友」誌にて『国内の年間コンサートベスト10』に選ばれ、2010,12年ブレーシャ国際音楽祭に招聘され演奏。12年よりピアソラ5重奏団を複数主宰。13年より鍵盤奏者の杉本周介と八ヶ岳を拠点に古楽プロジェクトを定期的に発信。14年「ソナ・カン」の初アルバム『ケルティック・バロック』をリリース。2015、17年『コントラポントのヴェスプロ』の収録に参加。2016年より横浜市、川崎市の事業を中心に室内楽シリーズ『楽壇の巨匠たち』を企画、発信。2019年、宗教曲として初の主催公演『Membra Jesu Nostri』を静岡音楽館AOIで手掛ける。ルネサンス?現代のジャンルを超越した奏法を実践する傍ら、幼児教育から多数のオーケストラの指揮、指導を続ける。


 【丹沢広樹先生のCD紹介】詳細はジャケットをクリックしてください


ページトップに戻る

 須藤みさ央






 桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。在学中より国内外の音楽祭に参加、コンサートに出演。
 第7回日本アンサンブルコンクール弦楽・ピアノデュオ部門入選。
 第10回長江杯国際音楽コンクール弦楽器部門第2位。

 ソロ、室内楽、プロ・オーケストラのエキストラなどの演奏活動をする傍ら、後進の指導にも力を入れている。これまでにヴァイオリンを故板谷英紀、故久保田良作、久保良治の各氏に、室内楽を藤井一興、P.アモイヤルの各氏に師事。

●●ひとこと●●
 ヴァイオリンを弾くことに常によろこびを感じられるよう、生徒一人一人ときちんと向き合いながら、レッスンを進めていきます。
 また、心や身体に負担をかけないような、なるべく自然体でいられる演奏方法を一緒に探していきます。

 ヴァイオリンという楽器を通して、自分を豊かに表現するお手伝いがしたいと思っています。一緒に美しい音色を奏でましょう!



ページトップに戻る

Copyright (C) 2009 Piano Clinic Yokoyama. All Rights Reserved